クレジットカードが盗まれてしまったときの対処法

クレジットカードの盗難の際の基本

クレジットカードが盗まれてしまった場合、基本的な対処法は紛失の時の同じです。とにかく、すぐにクレジットカード会社に連絡をして、盗難されたことを伝え、カードの利用停止の措置をしてもらってください。

カード会社に連絡をしにくい人もいるかもしれませんが、とにかく連絡を。

現金よりもカードの方が被害は小さい

ほとんどの場合、クレジットカードが盗まれる時は、財布も一緒に盗まれることと思います。

現金の場合、盗まれた現金はほぼ間違いなく戻ってはこないでしょう。しかし、クレジットカードの場合、例え悪用されたとしても、その分は盗難保険によってカバーされます。そのため、カードホルダーの負担額はありません。

クレジットカードはこのような場合、現金よりも安全といえるでしょう。

暗証番号の注意点

クレジットカードには盗難・紛失保険がついているため、基本的には不正に利用された金額は補償されます。しかし、場合によっては補償されないケースもあります。

補償されない可能性が高いのは、カードに暗証番号を書いてしまっている場合で、その場合はほとんどの場合で不正利用の金額は補償されません。暗証番号が書いた紙などを政府に入れてしまっていた場合も同様です。

また、暗証番号が自分の誕生日や住所など、他人が簡単に推測できる番号にしてしまっている場合も、不正利用金額は一部補償されないケースが多いです。

また、暗証番号を使ってキャッシングされた場合の補償は基本的にはされません。その点にも注意し、暗証番号は他人に推測されないものにしておいてください。

申込の際には必ず、最新の正式なデータを各クレジットカード公式サイトにて確認の上、自己責任にてお申し込みください
Since 2010.9.8. Copyright(C)2011クレジットカードのトラブル対処  - All rights reserved