暗証番号を忘れた場合の対処法について

クレジットカードの暗証番号を忘れた場合の基本

クレジットカードの暗証番号を忘れるケースは、実は結構多いようです。特に、何枚ものクレジットカードを持っている場合、どのカードがどの暗証番号なのかわからなくなってしまう場合が大今日です。

暗証番号を忘れた場合も、基本はカード会社へ連絡してください。じつは、暗証番号は電話で確認することができるのです。

暗証番号は電話で確認できる

クレジットカードの暗証番号を忘れてしまった場合、電話で確認することができます。しかし、住所や名前、生年月日に加え、電話番号や勤務先情報など、クレジットカードの登録情報を複数聞かれるので、それにこたえることができる必要があります。

また、家族などに電話してもらうことはできず、基本的にはカードホルダー本人が電話をしないといけません。

注意しないといけないことは、クレジットカードを作ったのが、ずっと前の話で、何回も引っ越しを繰り返しているような場合、登録している住所を覚えていなかったり、どの住所を登録しているのか忘れていたりする場合です。

そのようなことがないよう、必ず引っ越しをするたびに住所変更をするようにしてください。

また、電話番号も携帯電話で登録したのか、それとも家の電話番号で登録したのかを忘れてしまった場合や、携帯電話番号をを何度も買えている場合などは、注意が必要です。

たとえ本人であっても、本人確認の質問に答えられない場合、暗証番号の確認はできません。このばあい、書類によって暗証番号の変更手続きをすることになります。

病気などで電話できない場合

クレジットカードホルダー本人が、病気などやむを得ない事情で電話をすることができない場合、例外的に、代理の者が電話をかけることが出来ます。

しかし、そのような場合でも必ず一度は本人に電話をかわり、その状況などを確認されます。本人がいる状態で電話をしてください。

申込の際には必ず、最新の正式なデータを各クレジットカード公式サイトにて確認の上、自己責任にてお申し込みください
Since 2010.9.8. Copyright(C)2011クレジットカードのトラブル対処  - All rights reserved